特集

子育て迷宮日記 子育ては迷うもの。レベルアップに向けて修行なう。

ヒラリーさん

この記事を書いた人

ヒラリーさん webデザイナー

10歳と5歳の息子を育てています。時短勤務のワーキングマザーです。全力で迷走するリアルな胸のうちをつづります。ちなみに魔女ではありません。

2023年5月24日

2024年度ランドセル選び ~後半戦~ ~迷宮レベル75~

前回はランドセルの展示会に2度足を運び、そこで背負っていなかった青色がいい!と自宅で次男が言ったところで終わりました。

そこで、取り寄せていたカタログを見返してみました。次男にこれはどう?と見せましたが、ネイビーは却下!南国の海の色のような濁りのない青色が良いようです。できるだけ刺繍などの装飾がないシンプルなものが良かったので、意外と選択肢はありませんでした。

兄が購入したランドセルの工房で、価格と色がちょうど良いランドセルを見つけましたが、2024年度入学モデルは、キューブ型にモデルチェンジされていました。ランドセルには大きく分けて、従来通りの学習院型とコンパクトな見た目のキューブ型があります。キューブ型にはヘリがない分、内寸が大きくとれるというメリットがあります。しかし、個人的にキューブ型の見た目があまり好きではなかった私は、どうしても学習院型のランドセルで青色がないかという妙なこだわりにとりつかれていました。

そこで工房に直接連絡をして、学習院型の青色のランドセルがないかどうか尋ねてみることにしました。やり取りはすべてSNSでできるので、連絡は取りやすかったです。

すると、去年販売の2023年度モデルで希望のものがあるということを教えてもらいました。その時にアウトレット商品や型落ち商品があることも知りました。アウトレット商品は少し傷がついている物や、展示会場で展示していた物を販売しているようです。そして、値引きがあることも聞きました!

2023年度と2024年度とではランドセルの性能に大きな違いはないようだったので、これで決まりかな?と思いましたが、初めてのランドセルなのでやはり傷がない新品にしたいという思いもあったので、2023年で傷のない新品がないかどうか尋ねました。すると、2個残っているという返事でした。10月頃になると、型落ち商品として大幅な値引きをして売り出されることも教えてもらいました。

10月‼

もし競争相手が他にいて購入に失敗したら、もうほとんどのモデルが売り切れになっている時期だしリスクが高い...。あ~ん、どうしよう~‼と夫に相談してみましたが、一体何にこだわっているのかさっぱりわからないから好きにしてくれという冷めた返答。

次男に聞いたら、青だったらどんな形でもいいと言います。

なぜそこまで学習院型にこだわっているのかというと、長男のランドセル購入時に工場見学で見た「菊寄せ」という職人さんの技術が使われているのがランドセルのヘリなのです。均等に美しいひだを作っていく様を実際に見て、本当に丁寧に作っているのだなと脳に刻まれてしまったからです。

ということで、最終的に、去年のモデルを定価で購入するという驚きの選択をすることになりました。えへへ。そりゃ、好きにしろって言われるわね。

受注生産の物は届くまでに時間がかかりますが、次男のランドセルはもう在庫があったので、注文してからすぐに届きました。

肩ベルトは型崩れ防止のため反対で届きます!

届いたランドセルの箱を開けると、想像通りのランドセルが入っていました。次男は、「青のランドセルだ!」と喜んでいました。好みの色は変わってなかったようです。早速次男に背負ってもらい大満足。次男のラン活は、ゴールデンウィーク前に終了しました。

やったー!ボクのランドセルだ~‼

さて、5年生の長男のランドセルは一体今はどんな状態かというと...

扱いが雑なので糸が切れたり部品が取れたりしていました。擦り傷がたくさん!元気な証拠かな⁈

かぶせの青い糸が所々擦り切れています。目立った型崩れはありません。

6年保証のランドセルだったので、今度の夏休みに修理の予約をしました。無償で希望箇所を全部直してもらえるようなので、もっと早めにメンテナンスをしてもらえばよかったかなと思いました。実際に行動を起こすまで、なんだかんだ時間がかかってしまうけど、やってみたら手続きもすごく簡単でしたよ。

実際にランドセルを背負う2024年度の春が今から待ち遠しいです。

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 10

これまでの子育て迷宮日記も見てみよう!

記事をもっとみる
ページの先頭へ戻る