特集

子育て迷宮日記 子育ては迷うもの。レベルアップに向けて修行なう。

ヒラリーさん

この記事を書いた人

ヒラリーさん webデザイナー

9歳と5歳の息子を育てています。時短勤務のワーキングマザーです。全力で迷走するリアルな胸のうちをつづります。ちなみに魔女ではありません。

2021年12月20日

4歳と9歳の男子のクリスマスプレゼント ~迷宮レベル61~

★100万円あったら何に使う?
9歳の息子がいきなりわたしに聞いてきました。自分が苦労して稼いだお金は無駄に使わないという選択肢しかありませんが、ラッキーで手に入った100万円だったとしたら...。
しばらく考えて、「ダイヤモンドを買う」と、答えました。

「しょーもなっ!」という夫のスピードツッコミ。聞いてたんかーい!
長男は何が欲しいのか尋ねると、「ぼくはアメジスト!」と、答えていました。
似たもの親子!いや、アメジストてっ‼
それはないやろう...普通に焼き肉食べる方がええわ...と言っているパパを尻目に、どうしてか尋ねてみました。

話を聞くと、長男がお気に入りのビデオゲームでアメジストを採掘しているからと言います。化石や鉱石などを実際に掘ってみたいとも言います。わかるわ~!その気持ち。ママはミイラや遺跡を掘りたいと二人で盛り上がりました。

★クリスマスプレゼントのリサーチをする
長男は今年サンタさんに「ゲームのソフトをください」ってお願いするんだ!と教えてくれました。アメジストじゃないんだね笑

4歳の次男はというと、組み立て式の改造できるコマが欲しいと言います。SNSでそんな動画を見たと言います。薄々感じていましたが、テレビのCMやメディアを見始めると子どもの物欲がすごくなります。テレビアニメの合間のおもちゃCMの多いこと。そうなるよう大人が仕掛けているのにまんまとひっかかっているのですね。それがSNSになると15秒ではなく永遠に観続けられるのです。4歳のころの長男は「リモコン」「男の自転車」が欲しいと言っていたのに...。

★4歳のクリスマスプレゼント

このクリスマスプレゼントのリサーチは、10月ごろから数回に分けて普段の会話の中でさりげなく聞きます。聞いた直後にネットで調べ、これから価格変動がないか最安値がいくらなのかリサーチが始まります。ブラックフライデーなどのセール時に、便乗値上げでうっかり買ってしまわないようにするためにスクリーンショットで画像の保存も怠りません。

同級生の4歳の女の子に尋ねてみると、髪の毛の色が変わるママたちも大好きだった着せ替え人形と言っていました。わかるわ~!その気持ち。わたしも5体持っていたしね。本当に髪の毛を切ってしまって、ハゲちゃびんになってしまっていたけど...。

★長男のお友達の欲しいものは⁈
今年は欲しいものがはっきり決まっていたので、早々にサンタさんへお願いしておきました。長男のお友達のママに、「何が欲しいって言ってた?」と聞かれたので、「ゲームソフトだよ」と答えました。周りもゲームソフトが大半を占めているようです。

質問をしてきたママ友のおうちは、ゲーム機を購入しないという選択をしていたので何がいいか悩んでいるようでした。電車や車など、おもちゃ屋さんにあるようなおもちゃは小学3年生ではほとんど卒業しているし、ゲームが選択肢にないとなると本当に何もなくなってしまうのだと言います。確かに!もう少し大きくなれば、プレゼントにゲームの課金をせがんでくる子もいると聞きました。

じゃあ、好きなものは何なの?と尋ねると、「鉱石」という答え。ここにもいたのね!小さいころ、散歩に行くたびに石ころを拾ってきていた子は、そのうち鉱石好きになるのかしら。まさか、アメジストとか言わないよね笑

うちの長男が持っている「ホタル石」が暗闇で光ったという話になり、ホタル石もそうだけどホタルガラスもキレイで気になると話は盛り上がりました。お友達のクリスマスプレゼントは「八面体のホタル石」と「鉱物図鑑」に決めたと後で教えてくれました。

これが息子の鉱物セット。薄いグリーンの石がホタル石


これがホタルガラス。青がとってもキレイ

すごい!薄いグリーンの色をした八面体のホタル石って、きっと子どもの宝物になるのだろうな。来年は、顕微鏡とか天体望遠鏡とかゲームソフト以外の選択肢も視野に入れようと思いました。

★サンタさんからのプレゼント
うちの家では、欲しいプレゼントはサンタさんにお手紙を書きます。その手紙を紙飛行機にしてクリスマスツリーに置いておきます。すると、その手紙は空を飛んでサンタさんの元へ行くのです。そんな設定をしたもんだから、毎年クリスマスツリーを出さないと、お手紙が届かないって子どもたちに怒られます。だって、結構面倒くさいのよ...。

そしてクリスマスの日、枕元ではなくクリスマスツリーの下にプレゼントが届くのです。わたしのプレゼントも紛れていないかしら、ダイヤモンド...。

真夜中に見るクリスマスツリーは幻想的で癒やされます

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 16

これまでの子育て迷宮日記も見てみよう!

記事をもっとみる
ページの先頭へ戻る