特集

子育て迷宮日記 子育ては迷うもの。レベルアップに向けて修行なう。

ヒラリーさん

この記事を書いた人

ヒラリーさん webデザイナー

9歳と4歳の息子を育てています。時短勤務のワーキングマザーです。全力で迷走するリアルな胸のうちをつづります。ちなみに魔女ではありません。

2021年9月27日

新型コロナワクチンを2回接種したお話 ~迷宮レベル58~

夏が終わり、秋がやってきました!休日のお出かけがほとんどなく家で過ごしましたが、毎日の保育園への送迎だけで真っ黒に日焼けしましたよ。

「もう受けた?」があいさつのようになりつつある新型コロナウイルスの予防接種ですが、わたしの住む自治体はワクチンの供給量が安定せず、都市部と比べてだいぶ遅いスタートになりました。接種券が届いた6月末には7月中に接種できると思っていたのに、40代の接種は未定になり落胆しました。

ママ友たちと会話をする中で、この医療機関は市をまたいだ予約を受け付けているという情報や大規模接種会場でのキャンセル枠を取ったなど、それぞれに行動を起こしている人たちもいました。

わたしはというと、「ファイザーがいいのかな~、モデルナがいいのかな~...」と毎日同じことを考えているうちに7月が終わってしまいました。職域接種もはじまり、まわりでもチラホラ接種完了の話を聞き、急に焦りだした8月初め。

ワクチンを接種しようと決めたらファイザーでもモデルナでも早く打てる方を選ぶべきだろうとやっと決断し、県が設置する大規模接種会場で探してみることにしました。兵庫県は、姫路と西宮の2カ所です。

WEB申し込みで、夫婦で1週間ずらして金曜日に予約しました。予約開始日の開始時間直後にアクセスし、あらかじめメモ帳に入力しておいた接種券番号をコピーし、秒で予約を完了。なんだか、ランドセル争奪戦の時を思い出しました。

次にすでにワクチン接種をした人から、何を準備したらいいかアドバイスを集めました。

<準備したもの>
解熱鎮痛剤、氷枕、冷却ジェルシート、経口補水液、冷凍食品、インスタント食品、ゼリー、アイスクリーム、うどん、雑炊用の調味料、ゆでずに洗ったらすぐ食べられる麺

熱が出たら一番困るのが、子どもたちの食事の準備。どれだけの副反応がでるのか未知数だったので、簡単に食事ができるものはたくさん用意しました。小3の長男に、「ママの熱が高くてお料理が作れなかったら、代わりに作ってくれる?」と尋ねてみると、すごく驚いた表情になりしばらく考えたあと、「かき氷ならボク作れるわ!」と言っていました。ありがとう!料理じゃないけど嬉しいよ!!

★1回目接種
8月初旬、モデルナワクチンの1回目接種をしました。そのころは、副反応がよく報道で取り上げられていたので少し不安に。1回目から熱が出るかも!と身構えすぎて、しんどくないのにソファに座ったままゴロゴロしていました。接種から6時間ほど経ったころ、だんだんと接種部位が痛くなり、我慢できるくらいの薄っすらとした頭痛が出てきました。そうなるとなぜかますますやる気がなくなり、用意していた簡単調理で夕飯の準備を済ませて戦線離脱。ママ業を終わり、仕事から帰ってきたパパに子どもたちのことを任せて早々と寝てしまいました。ワクチンを接種した腕を身体の下にすると痛かったので、寝返りを我慢していたらビリビリ頭がしびれました。血が偏ったのかしら(笑)

翌日は、昨日までのやる気のなさは嘘(うそ)みたいに朝から掃除をせっせとしてたくさん運動できました。構えすぎていただけなのかな?と思ったけど、副反応に「倦怠感・疲労感」というのがあったのでもしかすると、「やる気がない=倦怠感」だったのかなと思います。

夫の1回目接種は、「ちょっと腕が痛い」というだけで何も問題はないと超クール。わたしが大げさみたいやん...と心の中で思いました。

★2回目接種
1回目から4週間あけた9月初旬、2回目を接種しました。若い人ほど副反応が強く出ると聞いていましたが、若くないけどきっと高熱は出るんじゃないかと予想!

熱が出る前に急いで保育園にお迎えに行き、今回は簡単調理を使うことなく夕飯を作り入浴も済ませ、ただひたすら待つことに。すると接種から9時間後に微熱。接種部位の痛みはありましたが、1回目よりはマシな気がしました。1時間経つごとに1度体温があがり、接種から11時間後には39度まで熱が上がりました。今回もママ業は早々に切り上げて子どもたちのことはパパに任せていたので、実際わたしが副反応に苦しんでいる間は一人で戦うことに。

ついに出た!いつぶりの熱かしら

寝ながら手の届く範囲に体温計や水分や冷却ジェルシートを並べ、羽毛布団にくるまりゴロゴロしていました。熱が上がっているときは寒気がしました。熱が出るとすぐに解熱鎮痛剤を飲んでもいいと聞いていたけど、実際に熱が出てみると風邪の時と違ってただ熱が高いだけなので戸惑いました。

我慢しようと思えばできる範囲かな⁈と考えているうちにウトウト。一時間ごとに目が覚めて、熱を測りながら朝まで過ごしました。朝になった時、熱は38度台に下がっていました。しかしそこから熱は下がらなかったので、ようやく解熱鎮痛剤を使うことにしました。すると、驚くほど楽になり身体の痛みがす~っと消え、自然に寝てしまいました。

薬を飲んで初めて、身体が痛かったのだと認識。こんなことならやせ我慢をせずに昨夜のうちに薬を飲んでおけばよく寝れたのになぁ~と思いました。長男を妊娠してから、朝までぐっすり起きずに寝るということがなかったので、睡眠不足でも我慢してしまったのでしょうか。(最近は、次男の蹴りがとんできて必ず夜中に2~3回は目が覚めます)

肩こりまでなくなって、本当に快適でした。体温は1度下がり、37度台になっていました。2日目は37度の微熱のまま終わりました。3日目は平熱に戻りましたが、腕にはモデルナアームの反応が!4日目の夜にはその反応も消えてしまいました。

熱が出た2日間、長男の視線を感じました。「どうしたの?」と尋ねると、「ニュースで予防接種をして死んだ人がいるって聞いたから、心配していた」と言っていました。「ママがかき氷を作ってほしいというのを待っていた」と。ごめんね!ママ、すっかり忘れていたよ。

パパの2回目の接種は、予想通り⁈大した熱がでるわけでもなく、問題なく終わりました。本当に人によって副反応が違うようです。

うちの冷凍庫には、買いだめしていた冷凍食品やアイスクリームが溢れています。パパは発熱に備えていろんな種類のアイスクリームを買っていたようで、久しぶりに食べたアイスクリームのおいしさにはまってしまい、ワクチンの後遺症?!でコンビニアイスをいろいろ試すようになる日々がしばらく続きました。

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 15

これまでの子育て迷宮日記も見てみよう!

記事をもっとみる
ページの先頭へ戻る