特集

新米ママ ナミの子育て奮闘記

ナミさん

この記事を書いた人

ナミさん

5歳と3歳の男の子のママです。子育てに奮闘するリアルな日常を綴ります。

2016年7月21日

【第4回】11カ月の息子の成長と離乳食

◎成長

最近の息子はよく私の真似をする。抱っこをすると、いつも私が息子にしているように肩をポンポンしてくるのが面白い(*´ω`*)(笑)
成長したなと思うのは絵本を読むとき。前はじーっと見たりページをめくりたがったりしただけだったのに、最近はちゃんと笑いどころを分かって笑っている。なので何度も何度もそのページに戻らされてなかなか読み終わらないのだが(笑)たまに一人で『いないないばぁ』の絵本を読みながら、「ばぁ」と連発するようにもなった。

pic_1607_4.jpg最近困るのは、とうとう居間からキッチンへ繋がる引き戸を開けられるようになってしまったこと(-_-;)
今まではキッチン、ダイニングの方へは勝手に行けなかったので、家事をする時はテレビをみせたりして居間に残していた。それがとうとう通用しなくなってしまった。だんだん開けるのも早くなって、数秒間でも目を話すともうキッチンに進出してしまっている。手で開けようとしていたのを、足で開けて体を無理矢理その隙間にねじ込むというやり方に変更したからだろう。pic_1607_1.jpg低めの台の上に整理して置いている空のペットボトルをボーリングのピンのように次々と倒されたり、流し台につかまり立ちして洗った後の食器を落としたり、炊飯器を勝手に開けたり。。一日一回くらいなら可愛いが、十数回もやられるともううんざり(T_T)

◎離乳食

最近、ご飯を一口食べるごとに、ローチェアのテーブル部分に手をついて立ち上がり、おしりをプリプリするようになった。

pic_1607_2.jpgご飯が気に入らないのかなと思ったが、口に持っていくとちゃんと食べる。立ち上がる度に「お座りしてね」と言って座らせるのが大変だ。
一方、つかみ食べは上手に出来るようになった。やきもきしていたので一安心(笑)

pic_1607_3.jpgこれまでは大人用のおかずから、数回分の離乳食を取り分けて冷凍することがよくあったが、三回食になって量が増えたこともあり最近は離乳食用の食材を買って、一つの食材を数回分に小分けして冷凍することが多くなった。その方がアレンジしやすいからだ。プロセスチーズ、きざみのり、ごま等も重宝している。おかずやご飯に混ぜるだけで手軽に栄養がプラスされるし、味も見た目も良くなるからだ。
息子は最近温めたさつまいもにチーズを混ぜただけのおかずがお気に入りのようだ。お皿からおかずがなくなると泣いて怒るのでいつもなだめるのに苦労する(^_^;)

思いどおりにいかないことが多くなってきて、子どもに怒ってしまうこともある。まだ分からずにやっていることだから怒っても仕方がないとは分かっているが、つい感情的になってしまう。その時は、自分とは全く違う人間を育てているんだから、思いどおりにならなくて当然だ、と思うようにして抑えている。
これからもっともっとイライラすることが多くなると思うが、どこかに冷静な自分を残して、子どもにはなるべく笑顔で接したいと思う(^^)

 

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 28
ページの先頭へ戻る