特集

新米ママ ナミの子育て奮闘記

ナミさん

この記事を書いた人

ナミさん

5歳と3歳の男の子のママです。子育てに奮闘するリアルな日常を綴ります。

2016年6月 1日

【第3回】おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に家族旅行

◎旅行その1
4月、出産して以降初の旅行へ行った。夫の両親とうちの家族三人でなばなの里へ(^^)
息子が長時間の車移動に我慢出来るか不安だったが、グズグズ言わずお利口だったので、ひと安心。でもイルミネーションにはさほど興味を示さず残念。。(..)
温泉は息子を連れて行くと大変なので、両親に預けて一人で満喫。ひさびさにゆっくりと温泉に浸かって癒された(*´∀`)たまにこういうご褒美が欲しいな(^◇^)♪

◎旅行その2
ゴールデンウィークに初節句を迎えたので、夫の実家に私の両親も呼んでお祝いした。五月人形の前で陣羽織を着せて、写真を撮ろうとしたら羽織を脱ぎ脱ぎ。着るのは嫌いで脱ぐのは大好きなんだよね~(笑)

翌日にはみんなで高野山へ。雨の予報だったのに快晴でラッキー(^^)v高野山では、いろんなことに興味津々の息子を見てみんながニコニコ(*^^*)
でも、授乳をするタイミングがなくて…。帰りの電車でギャーギャー泣いたので、親子3人でデッキに移動することに。やっぱり移動は車が一番楽だなぁ♪

pic_1606_1.jpg◎成長
いつの間にかハイハイや、つたい歩きができるように。

pic_1606_2.jpgそして、教えていないのに突然バンザイをやりだした。予めプログラムされていたかのように、ちゃんと成長していくのね。おしゃべりもできるようになって、嬉しそうにエヘエヘ笑いながら喋りかけてくる。言葉の意味は分からないが、その様子が可愛くてつい顔がゆるんでしまう(〃ω〃)
最近大変なのは、洗濯の邪魔をされること。洗濯かごを居間に持っていくと、すごいスピードでやって来て、かごにつかまり立ちしたり、中の洗濯物を引っ張り出したりする。
干すときも、窓につかまり立ちして体を貼り付けたまま、自分の体重移動で窓を開けるので危ない危ないΣ( ̄ロ ̄lll)なので、一つ干しては窓を押さえて、何回かに一回は部屋の端に遠ざけて、となかなか進まない。録画していたテレビを見せていても、興味のない場面になるとすぐに窓に近づいてくる。いつかベランダに落っこちそうで毎日ヒヤヒヤだ(゜_゜;)
鞄の中のものをポイポイ投げ捨てるのにも困っている(T_T)床一面に物が散乱していたり、お出かけバッグの中に覚えのないものが入っていたり(笑)細かーくちぎられたティッシュペーパーが床にばらまかれているのも最近よく見る光景だ。

pic_1606_3.jpg成長に必要なことらしいのでやめさせるのもよくないのかなと放っているが、部屋が片付かないのが辛いところだ(-_-;)

pic_1606_4.jpg夜のおっぱいをやめてから、夜泣きがなくなったのも成長のひとつ。
それまでは毎晩三時間毎くらいに泣かれて、お昼寝もあまりしてくれず、寝不足の日が多かった。それが添い乳も夜の授乳もすっぱりやめて、抱っこで寝かすようにしたら朝まで寝てくれるようになったのだ。最初はギャー泣きされて辛かったが、数日経てば慣れてくれた。睡眠用の音楽を流して抱っこで背中をポンポンしてると寝てくれるように。赤ちゃんは慣れるのが早いなぁ(*´∀`)どうか、このままうまくいってくれますように。

◎離乳食
ついに三回食になった。ご飯をあげたと思ったらまたすぐにご飯。冷凍庫と電子レンジがなければ回りません!(笑)
おやつのせんべいで、つかみ食べの練習をさせているが器用に口だけで食べてしまう。スプーンはつかもうとするのだが…。しばらくは練習あるのみ、かな(^^;
でも、外食する時にちょっとしたものをあげられるようになったのは楽。ぐずぐず言った時に、口に何か入れるとしばらくは静かにしてくれる(笑)

pic_1606_5.jpg大変になるところもあれば、楽になるところもある。でも、子どもと気持ちが通じ合えるようになるのが嬉しくて、どんなに大変な思いをしても許せてしまう。
息子ももうすぐ一歳。意味がわかる言葉を発するようになるのもあと少し。成長はうれしいけど、赤ちゃんの時期が終わるのはちょっと寂しいという複雑な気持ち。まだまだ手はかかるから、楽しみながら一生懸命頑張ろうo(^o^)o!!

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 21
ページの先頭へ戻る