特集

新米ママ ナミの子育て奮闘記

ナミさん

この記事を書いた人

ナミさん

5歳と3歳の男の子のママです。子育てに奮闘するリアルな日常を綴ります。

2016年9月 1日

【第5回】はじめての熱

◎出来事

pic_1609_03.jpg一歳になる数日前に、息子は39度8分の高熱を出した。生まれて初めてのお熱で、熱性けいれんも夜中に2回起こして、救急に電話した。
最初はいつもより体が熱いかなくらいで、足は冷えていたので大したことはないと思っていた。でも晩ご飯を作っているとき、いつもならキッチンで暴れまわっているのに、そばにお座りしてぼーっと私の様子を見ているので「これはおかしい!」と思い、熱を計ったら38度9分!夜だったので病院へは行かず、料理を中断して慌ててネットで情報を検索した。

まず水分をとらせてからご飯を食べさせた。ご飯の時はなぜかいつものように「まんま!まんま!」と言ってパクパク食べた。しんどくて食欲も落ちているかと思ったが、その点は全く心配なさそうだった(笑)

お風呂はやめて、おっぱいをあげて早めに寝かせてほっと一息。様子を見ていると、いつもなら寝返りしまくっているのに、この日は下ろした位置で大人しく寝ていた。そして、息遣いがいつもより荒かった。
ちょっと経ってもう一度熱を計ったら39度1分!そして次に計った時には39度8分と、あっという間に熱が上がっていた。それでも足はまだ熱くない。足が冷えているのは熱がまだ上がりきっていない証拠とネットに書いてあったので怖くなった。

このままだとすぐに40度以上になってしまう!と思い、タオルを巻いた保冷剤で体を冷やした。目を覚ましたときには、その度に麦茶を飲ませた。高熱が出ているときは脱水症状を起こしやすいらしい。

夜中に息子の体を冷やしていたら、突然ブルブルブルッと全身が震え出した!びっくりして、夫に「震えてる!震えてる!」と言うのが精一杯だった。それが二度あり、相談窓口に電話した。紹介されたいくつかの病院に電話したがどこも混んでいて、救急車を呼んだ方がという話になったが、その時には息子はケロッとしていたので、朝まで様子を見ることにした。

朝、病院に連れて行くと喉が少し赤いので風邪かなと言われた。その日の夕方には平熱に戻り、処方された座薬は使わずに済んだ。次の日にはすっかり元気になっていたが、次は咳と鼻水が出てきた。発疹は出なかったので、やはり突発性発疹ではなく、風邪だったようだ。

pic_1609_01_cake.jpg誕生日には少しマシになり、両家の両親たちと家族で予約していたホテルのビュッフェで食事することができた(^-^)
誕生日会でケーキに立ててもらったロウソクに火をつけると、それがどうも不思議だったようで、ロウソクをしかめっ面で見つめている写真ばかりが撮れた(笑)
何はともあれ、無事一歳を迎えることができて良かった!支えてくれた皆に感謝!(*^^*)♪

◎成長
キッチンに進出され、手当たり次第に物を投げられる生活にもまた慣れて、今ではどうぞ!と引き戸を開け放している。それは家中を拭きまくってどこを触られても良いようにしたからでもある。
前より掃除の回数は増えたが、おかげで息子にダメと言う回数は随分減った。なるべくダメという言葉は使いたくないので、精神的にも楽になった。そうしたことで、息子自身も開放的になったような気がする。
そして、今ハマっていることは、窓からベランダに物を投げまくることだ(T_T)(笑)

pic_1609_02_toy.jpg◎離乳食
とうとうおかゆを白ご飯にした。おかげで外食できるものが増えた。桃やはちみつにも挑戦してみた。今のところアレルギーは出ていない。
一歳になったので、これからは大人の食べるものに徐々に近づけていこうと思う(^_^)

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 35
ページの先頭へ戻る