特集

新米ママ ナミの子育て奮闘記

ナミさん

この記事を書いた人

ナミさん

3歳と0歳の男の子のママです。子育てに奮闘するリアルな日常を綴ります。

2018年9月26日

【第13回】子どもたちの笑顔に元気をもらっています

今年は地震に台風に、災害続きでどこも大変だ。北海道の地震で被災された方が、少しでも早く復興出来ますように願っています。

我が家も6月の地震で被災した。幸い家の被害はほとんどなかったが、ガスが止まったため一時実家に避難。ガスの復旧を待って帰宅した。
すぐに実家へ帰れて良かったが、こういう時に小さい子どもがいると身動きが取れなくて、日頃の備えと心構えが大切だと改めて感じた。
そして友人のネットワークの心強さ。不安な時に情報交換を出来るだけで、精神が安定した。
子どもたちはというと、地震の最中二人ともグッスリ(笑)トラウマにならなかったのは救いだったが、なんとずぶといこと(笑)
夫はもう家を出ていたので、私一人、地震の後しばらくドキドキして固まっていた。

あれから数ヵ月経って現在。長男3歳2カ月、次男0歳6ヶ月。地震の影響も少し薄れてきたように感じられる。

ハーフバースデーを迎えた次男は、床掃除ロボットと化して家中の床を掃除してくれている(^_^;(笑)しきりに四つん這いになっているので、もうじきハイハイしそうだ。
離乳食を始めて一ヶ月半。さまざまな食べ物をクリアしていて今のところ順調だ(^^)
一日2口くらいしか食べてくれない時期もあったが、そういう時はアッサリやめて、次の日また挑戦するようにしていたら、ある時からモリモリ食べてくれるようになった。

離乳食を始めて一ヶ月半

長男は、他の子が自分の玩具を舐める度に泣き喚いていたが、次男の成長とともに玩具を貸してあげられるように(o^^o)
お気に入りの玩具は常にソファの上。次男がまだ届かない高さだからだ。貸してあげても良い玩具が床に転がっている。
お気に入りが手違いで次男の手に渡ってしまった場合でも、すぐに取り上げることはせず、次男の気が他の物に移った瞬間、さっと届かないところに上げるという要領の良さ(?)を身につけた。

そんな長男も来年から幼稚園の年少さん。
今プレスクールに通っているが、通いやすい別の幼稚園を考えている。
10月に願書受付なのだが、定員オーバーすると抽選(--;)第一希望が通りますように。
抽選漏れすると泣き崩れるママさんがいると聞いた時は、そんな大袈裟なと思っていたが、いざ自分がその立場になると気持ちが分かる(>_<)!
だって通わせやすさだとか、教育方針とか、評判とか、いろいろな要素を吟味して幼稚園を選んでいて、そこに通わせるシミュレーションまでしているのに、抽選漏れって(>_<)!!
悲しすぎる(T_T)親も必死だからこそ泣き崩れるんだよね(T_T)

心も体も安定してきた今日この頃。
バタバタと忙しい毎日だけど、子供たちの笑顔に元気を貰い、若さも吸い取らせてもらっている(*^^*)!(笑)
一日一日成長する子供たち。これからが楽しみだo(^o^)o!

この記事がおもしろかったらボタンを押してね!

おもしろかった 11
ページの先頭へ戻る