ひょうごくらしの親子塾トップページ > くらし > ひとつき遅れの七夕まつり

くらし

コラム

ひとつき遅れの七夕まつり

 8月に入り、七夕まつりが近づきました――そう書くと、「え? 7月7日はもうとっくに終わったよ」という声が聞こえてきそうですね。けれど、兵庫県内でも、七夕はひと月遅れの8月7日にお祝いし、その一週間後の8月15日にお盆の祖霊迎え(それいむかえ)を行う家庭が多いようです。皆さんが住んでおられる地域では七夕まつりはいつ祝われますか?

現在のカレンダー“太陽暦(たいようれき)”が用いられるようになったのは、明治6(1873)年からです。それ以前の人々は、月の満ちかけをもとにつくられた“太陰暦(たいいんれき)”で暮らしていました。桃の節句や端午の節句、そして七夕も、太陰暦で暮らしていた江戸時代の人々が育てた文化なのです。
年によって少しずつ異なりますが、太陰暦(旧暦)と太陽暦(新暦=今のカレンダー)では、一ヶ月前後のずれがあり、3月3日の桃の節句も5月5日の端午の節句も7月7日の七夕の節句も、江戸時代の人々は、今よりひと月ほど後に祝っていました。節句は季節の植物や食べものと深く結び付いていたため、むかしながらの行事を祝おうとした明治時代の人々は、桃の節句を4月3日に、端午の節句を6月5日に、そして七夕の節句を8月7日に、ひと月ずつ遅らせることを思いついたのでしょう。
実際、新暦の7月7日は、梅雨の真っただ中で、大空の天の川はあまりよく見えません。けれども、ひと月ほど遅れてやってくる旧暦の7月7日頃になれば、雨の季節を去り、大空に浮かびあがった天の川の両岸に、織女星(ベガ)と牽牛星(アルタイル)がきらきら輝いて見えます。
そんなわけで、兵庫県下でも“ひと月遅れの七夕まつり”を行う地域が少なくないのです。

ところで、むかしの人たちは、どんな七夕飾りを行っていたのでしょうか。播磨地方(はりまちほう)に暮らす私は、播磨周辺の市町村の民俗調査書(みんぞくちょうさしょ)をあたり、また10年ほどかけて、大正時代生まれの方々に、むかしの七夕飾りの様子についてのたくさんの聞き取り調査(ききとりちょうさ)を行ってきました。そんな中から、播磨地方では、昭和30年代頃まで、次のような七夕飾りが行われてきたことがわかりました。

120620_kurashi_5.jpg庭に面した縁側のある軒下に、短冊や切り紙細工をつるした2本の笹飾りを立てます。その間に1本の竹をわたすと、みのり始めた稲(イネ)や野菜(ナス、キュウリ、サ
サゲ、カキ、クリ、ホオズキなど)を二つずつとり、それぞれを一対にして竹にかけて飾りました。笹飾りの下には、床机(しょうぎ)をすえ、小さな文机(ふみづくえ)を置くと、そこには、大きな野菜(カボチャやスイカな
ど)や団子(だんご)、素麵(そうめん)をお供えしました。ガラスの金魚鉢(きんぎょばち)や桶(おけ)を用意し、きれいな水をはると、メダカや小魚を放して供えることも行われていました。その様子が右の写真です。
「七夕さんはハツモノ好きだから、実り始めた野菜をいろいろお供えして、秋の実りが豊かでありますようにと願ったのです。」と、村の古老の皆さんから教えていただきました。

120620_kurashi_4.jpgこのような七夕飾りの話が多く聞かれる中で、同じ播磨地方でも、かつて塩田(えんでん)で栄えた播磨灘沿岸地帯(はりまなだえんがんちたい=白浜、的形、東山、八家、大塩、曽根など)では、2本の笹飾りの間に「七夕さんの着物」という紙衣(かみごろも)をかけ飾る風習がみられます。これは、かつて銀山(ぎんざん)で栄えた朝来市生野町でも行われている飾り方です。初めて七夕を迎える子どものお祝いに「七夕さんの着物」をたくさん飾れば、その子が一生、着るものに不自由しないという言い伝えも残されています。これらの地域では、現在でも、むかしながらの飾りを立てる家がちらほら見受けられます。写真はその様子。とてもはなやかで美しい七夕飾りですね。

120620_kurashi_5.jpg




写真ではわかりにくいのですが、家の縁側には文机を置いて、ウリやナシ、七夕の"星さんだんご"、それから、天の川をわたる牛に見立てた"なすびの牛"が供えられています。マッチ棒の足、トウガラシの角、トウモロコシのヒゲの
しっぽをもった、とてもかわいらしい牛です。
120620_kurashi_4.jpg




このような七夕飾りが立てられるのは、8月6日。夜を過ごして、7日の朝には、近くの川へすべて流されました。今は、川へ流すことができなくなっていますので、7日の午後にまとめて焼いてしまうという地域も多いようです。むかしは、七夕飾りを流しに行った後は、家族そろってお墓参りに出かけ、お盆の準備が始められたそうです。(尾崎織女)